世は就職氷河期の時代・・・。この世知辛い現代を乗り越えて、就職するための術を身につけましょう!このサイトでは、就職活動中の方を全力で応援するために、様々な就職に関する情報をお届けしております。

就職と接客と評判について

接客の業務を就職に選ぶ際には、適正があるのかどうか、を会社側が面接などを通して、審査を行います。

接客の場合、お客様とやり取りすること、営業などのこと、または受付などのこと等、お客様が不快にならないように、しっかりと丁寧に、礼儀作法を持って接客を行うことが大前提の仕事となるため、就職の面接時には、面接官が、例えば厳しい質問をした時にでも、しっかりと礼節や、笑顔などを持って、受け応えが出来るのかどうか?が診断されます。

接客をする人間が、受付や会社などで営業を行っていて、お客様に失礼な態度をとってしまうと、とても悪い評判が、その会社に広まってしまうからです。

また、個人経営のケースや、銀行などの金融業などの場合でも、上記のように失礼な接客態度を行う店員、またはスタッフがいる場合には、お客様が寄り付かなくなり、売り上げが激減する、などのトラブルが日常的に発生します。

それと同時に、接客が素晴らしい人材が、受付や営業などに配属されると、上記とは逆に、評判が評判を呼んで、お客様が次々と来店されることになり、売り上げがアップするため、就職の際の面接官も、笑顔などがしっかりと出来る人物か、また、しっかりとクレーム対応なども出来る人物か?などをしっかりと見極めます。

そのため、学力診断などで、高い点数を取得した場合でも、上記のような笑顔や、礼節などが上手くできていないケースの場合には、就職の面接で、最終的に落とされることになってしまうため、笑顔や礼節、挨拶などがしっかりと出来るように、日頃から訓練をしておくと、良いでしょう。

また、暗い受け応えも、とても接客としては、評判が悪いため、注意が必要となります。